テコンドーとは?

故・チェ・ホンフィ創始者
故・チェ・ホンフィ創始者

テコンドーの創始者である故・崔泓煕(チェ・ホンフィ)総裁は、当時、韓国陸軍の将校として民族独自の武道の研究と普及に努めていました。

総裁は、子供の頃から、朝鮮半島に古くから伝わる古武術・テッキョンを学び、1937年には日本へ渡り空手を習得。その後、空手、テッキョンなど様々な武道をもとに、1954年、テコンドーの技術的基礎を完成させました。

新しい武術に技術と精神を融合させることを重要視した総裁は、精神修養に東洋の哲学や朝鮮の歴史を盛り込み、技術体系に人間の持ちうる力を最大限に出すために、現代科学の理論を活用しました。そして翌年の1955年、正式に「跆拳道」の名前が生まれました。

テコンドー精神

ページの上部へ