競技について

パターン/トゥル〜型〜
トゥル

トゥルはテコンドーの根幹を成すものとして、最も重視されています。2人同時に行い、どちらが動作の正確さ、力強さ、バランスに優れているかを競い合います。力の出し方などトゥルから学ぶところは多く、マッソギにおいても力の入った技を出すことができます。



スパーリング/マッソギ〜組手〜
マッソギ

マッソギは、体重別に5つの階級に分けられ、軽い方からマイクロ級、ライト級、ミドル級、ヘビー級、ハイパー級に分かれて試合が行われています。急所の2センチ以内に攻撃技を決めるライトコンタクト制が用いられ、ポイントによって勝敗を決します。手による顔面への攻撃は認められていますが、下半身や背面への攻撃は禁止されています。

安全にマッソギが行われるよう、少年部は面と胴に防具を装着します。また成年部では有効とされる顔面へのパンチも、少年部では禁止されています。

パワーグレイキング/ウィリョク〜威力〜
パワーグレイキング

手技や足技の破壊力が試される競技で、割った板の枚数を競い合います。テコンドーの技が秘める一撃必倒のパワーをこの競技で実証します。パワー、スピード、正確性が問われ、いずれか1つでも欠けてしまうと、多くの枚数を割ることは出来ません。

発育途中の少年部の大会では、拳や足を壊す危険性がある為、パワーグレイキングは行われません。

スペシャルテクニック/トゥッキ〜特技〜
スペシャルテクニック

テコンドーの驚異的な跳び蹴り技が試される競技で、より高い(遠い)所にある板を割ることが出来るかを競い合います。跳躍力、柔軟性、バランスが問われ、鍛錬によって華麗な跳び蹴りを繰り出すことが出来るようになります。



ページの上部へ